×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファイナンシャルプランナー
通信教育で学べるファイナンシャルプランナー(FP)に関する情報です。
ファイナンシャルプランナー(FP)とは1980年代後半に日本で創られ、2002年4月から国家資格となったもので、個人や企業の資産運用、金融投資に関する総合的なアドバイスを行う職業として近年注目を浴びて人気が高くなってきています。
特に個人の資産運用・金融相談などが主で、住居や育児・教育や老後の生活などを資金計画の面からライフプランの立案、アドバイスします。
ファイナンシャルプランナー(FP)は比較的新しい資格ですのでこれから大きくブレイクする可能性大と言えるでしょう。
さて、このファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験に合格するための方法は主に予備校・資格学校、専門学校に通って学ぶ方法、通信教育・通信講座で学ぶ方法、独学で学ぶ方法の3つがあります。
それぞれにメリットデメリットがありますが、ここでは通信教育・通信講座でファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験の勉強を行って合格するためのメリットを書いてみようと思います。
どのような試験の勉強をするにしても時間とお金と合格の可能性の兼ね合いが大切になってくると思います。
学生時代のように勉強だけをしていれば良いわけではない社会人が資格試験に挑戦する場合は、これが一番先に考えなければならない点であることは疑いようのないことでしょう。
自分がどれだけの時間、お金をそのファイナンシャルプランナー(FP)の試験合格のために使えるのかということを試算しなくてはなりません。
一般的なことを考えた場合、やはり通信教育・通信講座が一番便利であると思える人が多くなると思いますが、そのメリットの最大のものはお金が専門学校や予備校、資格試験学校に通うよりも安く済むという点ではないでしょうか。
そして時間的な拘束度が低いという点も挙げられるでしょう。
独学で試験に合格出来る人もいますが、自分で全てのスケジュール管理など何から何まで決めて強い意志をもって勉強することは難しいものです。
その点においても通信教育・通信講座で資格取得を目指すことは有利に働きます。
最近ではファイナンシャルプランナー(FP)試験の通信教育・通信講座は非常にバリエーションも増えてきていて、質問をメールやFaxで受け付けていたり、PCやDVDで何度も講師の先生の講義を受けられたり、課題の提出が遅れるとメールやFaxなどで督促されることでモチベーションが上がって勉強を続けやすい仕組み、システムを持っているところが沢山あります。
自分の性格や時間的経済的条件をしっかりと見極めて通信教育・通信講座を活用してファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得してください。

<スポンサードリンク>



社会保険労務士
社会保険労務士を通信教育で勉強して資格をとる方法を考えてみたいと思います。
ご存知のように高齢化社会の日本は年金問題に関心を持っている人が多くいます。
社会保険労務士 資格を持っていると、そういった方々に適切なアドバイスをすることができます。
もちろん社会保険労務士試験に合格したあとの事ですが。
自宅で「合格」を目指してがんばろうという方の理由として、仕事を終えた後に通学することができない(時間的な理由)とか、近くに適切な学校や塾がないというケースが多いようです。
しかし現在では社会保険労務士講座を通信教育で受けるためのインフラは整っており、通学して受講するのと遜色ありません。
通信教育の最大のメリットとして、時間が自由に選べることがあげられます。
早朝や深夜など自由になる時間は、その人の勤務体系によってさまざまです。
また通勤時間や昼休みの時間、次の仕事までのちょっとあいた時間など、勉強を始めると積極的に細かい時間の活用法を考えるようになります。
また自宅で一人勉強していると孤立感を覚える人もいるようですが、近年の通信教育では、そのあたりが良く考えられていて親身になって指導を受けられるなど、充実したサポート体制をとっているところもありますので、通信教育が始めての方でも安心して社会保険労務士の学習が続けられるシステムになっているようです。
通信教育は誰に強制されるものではありません。
従って、自分の意思で進んでいかなければなりませんから、すぐに成績や結果に反映されてしまいます。
通信教育は自分で学習していくという強い意志を持って、社会保険労務士試験に合格しようと思わないとテキストは進みません。
その点、いつでも始められる通信教育のメリットを生かして勉強することは、通学して授業を受ける形式とは異なり、受講時期を選べるといったことも含めて通学制の大学教育にはない大きなメリットではないでしょうか。


旅行業務取扱管理者
旅行業務取扱管理者は旅行業務全般を取り扱う国家資格です。
平成17年度から制度が変わり、旅行業界唯一の国家資格が旅行業務取扱管理者となります。
間違えやすいのは、旅程管理主任者と混同してしまうことです。
旅行業務取扱管理者は国家資格であるのに対して、旅程管理主任者は国土交通大臣の認定資格となっており、国家資格に準ずる公的資格といった位置づけになります。
旅行業法という法律によりますと、旅行会社はこの「旅行業務取扱管理者」を支店・営業所毎に一人以上(社員10人以上は複数)選任することを義務づけられていて、この国家資格を取得していないと旅行会社を開業することができないということになっています。
旅行業務取扱管理者という国家資格には種類があり、国内旅行だけを取り扱うことができる国内旅行業務取扱管理者と海外旅行も取り扱うことができる総合旅行業務取扱管理者、の二つがあります。
旅行業務取扱管理者は旅行が好きな方にとっピッタリの仕事であり、資格を持っていれば旅行会社への転職に有利でしょう。
旅行会社在職中に旅行業務取扱管理者の資格を取った場合には、昇進・昇給・資格手当などの待遇面での好影響もあり、旅行業務取扱管理者の有資格者以外は管理職につけないところもあるようです。
旅行業務取扱管理者の学習を始めたい気持ちはあるけど、時間がないという方、通学するのに不便な場所にいるなど、もう少し検討してから挑戦したいと考えている方もいると思います。
まずは通信講座(通信教育)の資料請求をしてみましょう。
旅行業務取扱管理者の通信講座(通信教育)に関する詳しい資料を見てから判断しても遅くはないと思います。
国家資格であり、誰でも受験できるのがこの旅行業務取扱管理者資格のいいところであり、しかも年齢・学歴・実務経験不問です。


通信教育

  • 通信教育で学べる資格
  • ユーキャンの資格通信教育
  • 若年者就職対策YES-プログラム

通信教育2

  • 診療報酬請求事務能力認定試験(医療事務)
  • 医事コンピュータ技能検定試験(2級・3級)
  • 医療秘書技能検定(2級・3級)

通信教育3

  • ホームヘルパー(2級)
  • 宅地建物取引主任者
  • 簿記(3級・2級)

通信教育4

  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士
  • 旅行業務取扱管理者

通信教育5

  • 調理師
  • 第二種電気工事士
  • 土木施工管理技師(1級・2級)

通信教育6

  • 土地家屋調査士
  • 危険物取扱者
  • 国家公務員(1種・2種・3種)

検定

  • やりくり主婦検定
  • 家庭料理技能検定
  • 家事検定



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

健康関係

 サプリメント1

 サプリメント2

 サプリメント3

 サプリメント4

 サプリメント5

 サプリメント6

 サプリメント7

 サプリメント8

 サプリメントアドバイザー

 花粉症

 スギ花粉症

 ヤクルト400

 早期妊娠検査薬

 妊娠検査薬1

 妊娠検査薬2

 妊娠検査薬3


金融関係

 投資信託1

 投資信託2

 投資信託3

 投資信託4

 投資信託5

 投資信託6

 投資信託7

 住宅ローン融資会社1

 住宅ローン融資会社2

 住宅ローン1

 住宅ローン2

 住宅ローン3

 住宅ローン4

 住宅ローン5


自己啓発

 通信教育3

 通信教育4

 通信教育5

 通信教育6

 検定

 ワーキングホリデー1

 ワーキングホリデー2

 ワーキングホリデー3

 ワーキングホリデー各国1

 ワーキングホリデー各国2

 ワーキングホリデー各国3


スポーツ関係

 フットサル1

 フットサル2

 フットサル3

 フットサル4

 フットサル5

 フットサル6

 フットサル7

 フットサル8


結婚関係

 ハワイ挙式1

 ハワイ挙式2


料理・食べ物関係

 餃子

 話題の飲み物・食べ物1

 話題の飲み物・食べ物2

 話題の飲み物・食べ物3

 話題の飲み物・食べ物4


行事関係

 バレンタインデー

 卒業式1

 卒業式2


娯楽・趣味関係

 赤沢温泉